ゴミが消える!?

未来の廃棄物減容システム 

​〜ごみゼロを目指して〜

究極のゴミ処理システムで

社会に貢献する

Diamond innovation

特長その1   吸気不要⇒煙突不要

      (少量の圧力調整排気あり)

 

特長その2  稼働したままメンテナンスできる

特長その3  投入した廃棄物を1/250に減容

特長その4  安全性を重視した装置

特長その5  耐用年数20年以上

特長その6  大気汚染防止に貢献

特長その7  ゴミ処理費用を大幅に削減

我々には、多くの子供たちに

「健康な地球を残す」という義務があります。

もし、

ゴミを250分の一以下に減容すること

 

大気汚染を限りなく「ゼロ」に

することができたらどうでしょう!

東京ビッグサイトが「東京国際展示場」と呼ばれていた頃

 

「磁気エネルギーによる分解機」として紹介された発明を

 

その後、日本全国で20数社が真似て開発を始めました。

福島県の放射能汚染ゴミ処理のために大手ゼネコンが

熱分解による減容に取り組み、装置を開発しました。

セシウム134及び137の沸点である671℃以下の650℃程度で

処理するために放射性物質の飛散はほぼ解消できるものの、

排煙を大量に排出する装置であることと、配管を多用して

いるため長期連続稼働は望めそうもないという2つの欠

点を抱えているようです。

弊社で開発した装置は「世界で唯一、吸気を一切不要」

としたもので、排煙は焼却炉の100分の一以下です。

また、装置の欠点ともいえる配管は、90%以上を削除

たためにメンテナンス周期は大幅に延長しました。

 福岡県福岡市東区筥松1-13-5−403

Tel:  092−600−1245